主イエス・キリスト・ 御言葉の黙想

み言葉が開けると光を放って、無学な者に知恵を与えます。詩篇119:130

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。伝道の書12章1節

神はこれを、御霊によって私たちに啓示されたのです。Ⅰコリント2章10節

主イエス様、あなたは御霊によってあなたご自身の存在を私たちに教えて下さいました。

 

先日、教会の姉妹から3月27日つけの朝日新聞の”『魂』はそこにある”というコラムの切り抜きを頂き、多くの日本人が忘れてしまっている魂の存在について話す機会を得ました。

このコラムは、キリスト教の世界の話ではありませんが、『霊性』に関する考察でした。

この話からふとインスピレーションを受け、神様の御霊の存在を改めて意識する機会を得ました。

 

いわゆる目に見えない雰囲気を感じ取る力ですが、これは子供の方がその感覚が鋭い気がします。

私自身、子供の頃に触れた教会を思い出すとき、思い出すのはそこにあった雰囲気の居心地の良さです。

母子家庭で育った私は、家に帰っても誰もおらず、一人っ子だったので家の中では一人で遊んでいました。妹はいましたが、歳が離れていましたので、なぜかあまり一緒に遊んだ記憶はありませんでした。こんな中でいつもさみしさと孤独を感じていました。

 

母の友達から紹介されて5,6年生の頃から通い始めた教会は、駅まで30分以上歩いて、さらに電車に乗って、さらに歩いてと一時間半以上かかっていたと思いますが、

なんの苦にも思わず、通える時には、教会に行くのを楽しみにしていました。

教会の門をくぐると、広い敷地に子供たちが駆け回り、楽し気な声が聞こえてきます。

分級での聖書の話はよく分かりませんでしたが、分級の教室の雰囲気、担当の先生の雰囲気、牧師の雰囲気、たまに入ることのできた大人たちの礼拝の雰囲気、

これらの雰囲気の中にある暖かさ、優しさ、平安を味わっていました。

 

子どもの頃に教会から受けたのは知識ではありませんでした。

そうではなく、あの雰囲気、霊性を受け取っていたのです。

その霊性の雰囲気は今でも私の魂に呼び起こすことができます。

 

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ。と伝道の書にあります。

これは若い日に、早く洗礼を受けてクリスチャンになりなさいという勧めではないことに気づきました。

そのように勘違いしていた気もします。

 

しかし、そうではなくて、神様の霊を感じ取ることのできる受容性の高い若い時代に

造り主の霊にしっかしと触れて、この世から発せられる霊と異なる、

人の魂を高く引き上げてくれるこの平安な霊の存在を覚えておくことが勧められているのではないかと思うのです。

 

パウロは、宣教において、十字架の言葉を語りましたが、かれは十字架の言葉を通して、御霊と御力が現れることを信じ、期待していました。

パウロは神を知るのは神の霊に教えられる以外にないことを良く知っていました。

御霊に触れること、これが肝要です。

 

子どもが家に閉じこもっていた間も、幸いなことに学校の友達たちが私の家によく遊びに来てくれて、子供も友達たちと一緒に遊べることを楽しみにしていました。

 

わたしは、学校が平和な雰囲気に満たされていじめがなくなるように祈っていますが、

ふと、うちの子どもを通して、学校の子どもたちが私の家に集まってきてくれていることに気が付きました。この子たちにも造り主を覚えてほしいと願いました。

聖書の勉強という知識の世界ではなく、子供たちの霊において、

主イエス様の霊に触れてほしいと願います。

大人になったとき、あの家に入ると感じた雰囲気が彼らにとって善いものであり、それがキリストの香りであって、

いつの日か、自らこの香りを慕って、この香りの源であるイエスキリストにたどり着く道筋の始まりになってほしいと願います。

 

 

若き日に、造り主の霊を記憶すれば、いつかこの霊に再び巡り会った時には、

直にこの方の霊をおられる教会に、すなわちイエスキリストに立ち返ることができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ところが、目を上げて見ると、あれほど大きな石だったのに、その石がすでにころがしてあった。マルコ16章4節

墓の入口からあの石を転がしてくれる人が、だれかいるでしょうか。マルコ16章3節

主よ。あなたにはお出来になります。

 

私にとっての今年のイースターの御言葉は表題に掲げた『目を上げて見ると、あれほど大きな石だったのに、その石がすでにころがしてあった』マルコ16章4節でした。

 

昨年の秋から、長男が突然学校に行かなくなり、あれほど、毎日学校にいくことを楽しみにしていた子の突然の出来事に戸惑いました。

本人も相当悩んでいて、『行きたいけど行けない。』怖いと怯えていました。

二学期の間は本人も何とか行こうと努力している様子もあり、こちらも、運動会など何回かは行くことができました。

 

しかし、3学期に入ると、本人の様子から本人もどうやら行かないことに決めた様子で、とうとう一回も学校に行かず、家でゲームなどをしながら過ごしていました。

 

長男の前には、転がすことのできない大きな石が立ちはだかり、本人も転がせない、親にも学校の先生にも転がせないこの大きな石の存在に

『墓の入口からあの石をころがしてくれる人が、だれかいるでしょうか』という心境でした。

行きたくても行けないのだから、イエス様が学校に行くことを留めているに違いないとこれもイエス様の御計画の内にあると信じていましたが、心穏やかでなかったのも事実でした。

 

今年に入ってから、私もただ悩んでいても仕方がないと福音書から、ラザロのよみがえりの福音、百人隊長の息子のいやしの福音、ヤイロの娘の福音、そしてイエス様の復活の福音の出来事を幾度も読み返しながら、

私に何をしてほしいのか?と問われるイエス様に、『5年生になったら学校に通えますように』していただきたいと祈り求めました。

今年の3月くらいになって、息子といろいろと話している時、本人がぼそっと5年生になったら行くと口にしました。その言葉が思いがけなかったので、少し驚きましたが、本人からの前向きな言葉に平安を得ました。

その言葉を問い正すこともせず、そっと聞き流しましたが、この日から、さらにイエス様の復活の福音を読みながら、あれほど大きな石であっても、イエス様は取り除けることが出来ると信仰を告白しながら祈り続けました。

 

人にはできなくても神にはできることを主の前に告白を続けました。

エス様が子供の受けた心の傷を癒して下さるように。

エス様が、内なる人を強めて下さるように。

エス様が、恐れを取り除き、平安を与えて下さるように。

エス様が、学校の子どもたちに平和な心を与えて下さるように。

祈り続けました。

 

4月に入りもうすぐ始業式。私は、仕事を休んで、一緒に始業式の日には行ってあげると約束していました。

前日には、始業式に持っていくものを久しぶりにランドセルに用意するのを手伝いました。

前日から本人は緊張している様子がうかがえましたが、そっと見守りながら

当日を迎えました。まだ、布団の中から起きようとしません。

でも、やがて自分で起き、登校の時間になったので、誘うとランドセルを背負って外にでることができました。

 

幸いに、この1週間無事に登校できています。先生方も配慮して下さったのか、

同じクラスに子供の遊び友達を集めてくれていて、本人も友達がたくさんいることを喜んでいました。

 

主よ、感謝します。あれほど大きな石だったのに、その石がすでにころがしてありました。

木村先生、昨年はいろいろとありがとうございました。親も本人も先生も何もすることはできませんでしたが、何もできなくても先生が最後まで心配して下さっていたことが

本人にも親にも大変心強く支えられていました。

今年も先生が5年生の担任になると思っていましたが、突然の退任で子供も私たちも挨拶することもできずに残念に思いますが、子供にとっての4年生の時の担任は、木村先生だけですから、本人も忘れることはないでしょう。

 

主よ、感謝します。そしてあなたに信頼しながら続けてお祈りします。

マグダラのマリヤとヨセの母マリヤとは、イエスの納められるところをよく見ていた。マルコ15章47節

主イエス様、あなたの葬りについて教えてください。

1.イエス様の葬り

使徒信条に死にて葬られという告白があります。

三日目に死人の内よりよみがえる前に、葬られたと告白しています。

エス様の女の弟子たちは十字架の上で苦しみを受け、目をそむけたくなるようなむごたらしい姿、傷ついた血だらけの姿になったイエス様を見て、

その体を男の弟子たちと十字架から降ろし、そして

エス様の死体を亜麻布で丁寧に巻き、新しい墓に丁寧に葬りました。

女の弟子たちは、イエス様が墓の中に葬られるところを最後までしっかりと見届けていました。

 

前回のメッセージに続くことですが、

エス様が墓に納められたというところをこの弟子たちがしっかりと見届けたということは、とても大切な信仰の過程なのではないでしょうか。

すなわち、人の力の及ばないところにイエス様は行ってしまったということをしっかりと認めざるおえない、ということが葬りの意味なのではないかと教えられます。

 

エス様の復活の前に、十字架があり、そして葬りがなされ、そしてその墓は大きな石でしっかりと封印され、とても女の手では動かすことのできないその大きな石の向こうにイエス様の亡骸は葬りさられてしまったという事実を受け止めたのちに、復活がある。

 

2.非常に大きな石

実は復活の前に、よみに下りとあります。

 

わたしは、この大きな石はよみの封印ではないかと思います。

よみは人を死の世界に封じ込めます。

人はだれも死んだ人をよみがえらせることはできません。

死の前に人は全く無力です。これは事実です。

しかし、キリストは、この死を打ち破り復活され弟子たちの前に現れた。これもまた大いなる事実です。

死によって愛する人を分け隔てる大きなよみという石はとりのけられた。

この大きな石は転がされていた。

人にはできなくても神にはできる。神には何でもできる。という信仰を私たちはこの石がとりのけられた事実から持つことができるのです。

マルコ16章4節

ところが目を上げて見ると、あれほど大きな石だったのに、その石がすでに

ころがしてあった。

 

 

3.イエス様が葬られよみにくだり三日目に死人の内よりよみがえられたことの力

マタイ16章18節 新共同訳

『わたしも言っておく。あなたはペテロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。』

 

エス様はなぜよみに下られたのか

エス様はご自分の罪なきからだを罪のためのあがないの供え物として父なる神様に捧げたのちに、

罪人として死に、罪人としてよみに下られました。

罪人として罪の性質をもつ古き体をよみに捨て置いたのです。

エス様は罪なきご自分のからだを通して、人の罪のからだをよみの世界にまでもっていき、そこに捨ててしまわれた、葬りさって下さったのです。

言葉は悪いですが、人のゴミをゴミ捨て場にすべて処分して下さった。

すべてを始末し終えたのち、神の全能の御力により、よみより復活されたのです。

 

 

Ⅱテモテ2章11節に

『もし私たちが、彼とともに死んだのなら、彼とともに生きるようになる』と記されています。

死んだのならキリストとともに生きるようになる。これは連続した道筋です。

死んで、死にっぱなしということは決してありません。

ガラテヤ5章24節

『キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、さまざまな情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです』

情欲・欲望は十字架につけられました

2章20節

『私はキリストとともに十字架につけられました。もやは私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです』

 

6章14節、Ⅰ5節

『この十字架によって、世界は私に対して十字架につけられ、私も世界に対して十字架につけられたのです。割礼を受けているか受けていないかは、大事なことではありません。大事なのは新しい創造です』

私たちを種々の誘惑にいざなうサタンの支配する世も十字架につけられました。

4.古い自分を葬る

誰でも古い自分、すなわち肉の働きに悩まされます。

人の中には、人を裁く心、憎しみ、敵意、激しい暴力、激しいねたみ、許せない心、殺人、・・・ありとあらゆる悪が人の中に存在しています。

人の肉が人を愛することを妨げ、人を傷つけ、人間関係を破壊しようとします。

これらの悪を自分の理性や知性や感情でコントロールしようとしてもできません。

 

私はここで気が付くのです。

もちろん、私たちは先に記した肉の働きに留まることを善しとはしません。

キリストによって新しい命をいただいたのですから、新しい命の性質の中に生きることを望みます。

新しい命にいきるとはキリストの復活の命に生かされることですが、

 

キリストとともに生きるために、

①まず、古い自分には新しい命に生きる力は持っていないことをしっかりと認めます。

②さらにこの古き自分を自分で捨て去ることはできないことも認めるべきです。私は、まったく無力だ。よいと思うことを実現する力がないと絶望すべきです。

③絶望のままに、その古き自分をイエス様が十字架の上で背負って下さってることを見ます。

④そして私はイエス様とともに十字架につき死んだのだと認めます。

⑤そして、私はイエス様とともに葬られたのだと認めます。

⑥認めたのなら、私によってではなく、イエス様ご自身の復活の御力にあずかって私のうちにも新しい命が宿っているでしょう。新しい命が私を包み込み、私に代わってイエス様が新しい生き方をして下さるでしょう。

 

 2021.3.28 茅ヶ崎集会メッセージ

 

キリストと共に生きるようになる。テモテへの手紙 二 2章11節

次の言葉は真実です。

『私たちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きるようになる。』

テモテへの手紙 二 2章11節(新共同訳)

それから、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日の後によみがえらなければならないと、弟子たちに教え始められた。

マルコの福音書8章31節(新改訳)

 

エス様の御復活は歴史的事実です。

そしてまた、霊的な真実です。

必ずこのようになります。

エス様が復活なさったことは確かなことで、

決して、十字架の死で終わることはなかったことを世の中に証

しました。

エス様は十字架の上で死なれた後、十字架の上に放置されたのではなく、

弟子たちの手で十字架から降ろされ、埋葬されました。

弟子たちは確かに自分たちの目で、埋葬を見届けました。

エス様の御遺体は完全に葬られたのです。

 

葬る、葬り去ると言えば、永久に私たちの記憶から消し去り、

永遠の決別と私たちは考えます。もう、決して戻っては来ないことを意味します。

 

エス様も、弟子たちの前から完全に葬られたのです。

しかし、

エス様は必ず三日目によみがえらなければならない

と神によって決められていたのでした。

これは必然的な出来事です。

どんなことがあっても、そうでなければならない必然的な

定めです。

エス様にとって死は終わりではありません。

死はよみがえりに至る過程です。

 

弟子たちは、イエス様の御遺体を完全に葬りました。

しかし、イエス様は死んだままで消滅してしまうようなことはなく、

今度は、決して朽ちることの無い永遠の御体を身にまとってよみがえられたのです。

エス様のよみがえりは、葬られる前の身体ではありません。

 

この真理は、キリスト者にも適用されます。

私たちは、キリストと共に死んだのならキリストと共に生きるようになります。

私たちは、私たちの古い罪の性質をキリストとともに葬り去ります。

自分ではもう手の届かないところに置きます。

死人を幾度も墓の中から掘り起こすようなことはしません。

死んだのなら完全に諦めます。

葬り去るとは完全に諦めることです。

 

もし、人が自分の罪の性質をキリストと関わりなく葬り去ろうとしても、

幾度も現れてきて、自分を悩まし続けます。

自分の力で罪の性質を葬り去ろうとしても決して葬ることはできないからです。

人は新生すると、罪を自覚し、それがやっかいものであることを知り、なんとか消し去ろうと努力します。しかし、その努力は決して実を結びません。人は自分の努力によって罪の性質、肉の力を消し去ることはできないからです。

 

肉の力を消し去る唯一の方法は、イエス様と共に死ぬことです。

エス様と共に死に墓に葬ってしまうことです。

私のこの肉の力、性質はイエス様と共に十字架につけられそして葬られたとそのように信じればよいのです。

死んだのなら、わたしから手放されました。死んだのならもう自分を悩ますことはありません。死人は、もうしゃべらないからです。

埋葬し、墓の中に放置しまままにしておきましょう。

幾度も墓の中から死人を掘り出すことはやめましょう。

私たちのなすことはここまでです。

 

しかし、神の働きはここで終わりません。

神はキリストを必ずよみがえらせると定めておられるからです。

 

神はキリストを三日の後、必ず死人の内より全知全能の御力をもってよみがえらせます。

キリストと共に死んだのなら、どんな困難があっても必ず、キリストと共によみがえります。

 

 

私たちもキリストと共に死んだのなら、キリストと共によみがえります。

 

古い肉の性質は葬りされれましたので、古い性質がまた現れることはありません。

よみがえった後は、人の手によらない、人の肉の性質によらない、全く新しい御霊の性質が現れます。

いのちの御霊の原理による新しい人が私を包み込むのです。

神がよみがえらしてくださることを信じて三日間静かに待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです。マタイによる福音書25章40節

OTの思い出。

私が精神科の病院でOTとして働いていたころ、

一人の青年の病床を尋ねるように依頼を受け、病床を尋ねました。

彼は、そのころ、看護師にも医師にも他のスタッフにも暴言を吐き、暴力も振るい、

ベッドの上で排尿、排便もしっぱなしで手の付けられない状態でした。妄想もまだ強い状態でした。手すりで囲まれたベッドの上だけが彼の世界でした。

私もその話を聞いていたので、はじめはかなりの不安を抱いていました。

何ができるかもわからないまま、毎週決められた時間に病床を尋ね、はじめは、ただ病床を尋ねて顔をみるくらいでしたが、少しづつ声をかけたりしながら、関わりを持つようになりました。

彼が、体に触れることを許してくれるようになるまで、時間をかけてそっと待ちました。

足腰も硬くなっていたために、彼に許可をとりながら、すこしづつ動かしたりさせてもらいました。

薬や他のスタッフの働きもすこしづつ効果も出て来て、少しづつ彼も穏やかになってきました。

今まで手を付けられなかった彼が、次第に穏やかになっていくこと、かかわりが持てるようになってきたことに他のスタッフもある意味驚きを感じながら見守っていました。

やがて、寝返りができるようになり起き上がることができるようになってきました。長い間、寝たままで過ごしていたために、もう立つ力はなくなっていました。

徐々にではありますが、リハビリを重ねて、やがて車いすに乗ってリハビリ室にまで来ることが出来るようになりました。

 大分時も経って、ほかの患者さんと同じくらいに関わることが出来るようになってきたころです。

ある日、彼がいつものようにリハビリ室にやってきて、ベッドに腰かけている姿を見た時、私はある驚きを覚えました。彼は、長身で色白でかなりの長髪で西洋人っぽい風貌です。

いつものように彼に目を向けると、彼が静かに待っているその姿に、イエス様が写し出されていたのです。その時、ああこういうことだったんだと思いました。

私は、イエス様がこの青年の姿で私と関わっていて下さったこと、この統合失調症の青年に接していたことはイエス様に接していたことだったんだと気が付かされたのです。

しばらくして、わたしはその病棟を離れましたので、彼との関わりは終わりました。

けれども、ある期間、彼を通してイエス様に触れていたことは私の貴重な体験となりました。

 

 

 

 

 

 

わたしも地上に住む者たちを試みるために、全世界にこようとしている試練の時には、あなたを守ろう。黙示録3章10節

わたしはすぐに来る。あなたの冠をだれにも奪われないように、あなたの持っているものをしっかりと持っていなさい。黙示録3章11節

クリスチャンであれば誰でも感じているように、

このコロナ禍はただ偶然に新種のウィルスが出現し、感染が広がっているのではなく、

神様の永遠の計画がさらに一歩前に進んでいることの証です。

教会の関心事は、(一市民として、公衆衛生上、感染が広がらない対策のために3密を避けることは同じですが)キリストの十字架にあります。

このような時代であるからこそ、いっそうイエスキリストの十字架の下から離れないようにお互いに励まし合いながら努めることです。

エスキリストの十字架にのみ、この困難を乗り越える道があります。

私たちもコロナの影響を受けているように、

コロナだけでなく、心を揺さぶる激しい試練が様々な形をとってすべての人々に押し寄せてきています。

政治の世界では、高慢な者が権力を振るい、人々を抑圧しようとしています。人々の人権が奪われていきます。

暴力がそれぞれの家庭の中にまで入り込み、言葉において、力において家族の交わりを破壊しようとしています。

離婚がトレンドになり、結婚における苦しみを忍耐する力がなくなってきています。

性的な混乱が広がり、神様が造られた正しい秩序が破壊されようとしています。

人同士の親しい交わりが分断されようとしています。

貧困が日本の家庭にも広がってきています。

私たちもこれらの肉の働きに巻き込まれ、様々な罪が表に現れている現実に打ちのめされそうになることもあります。

私もその例外ではありません。

しかし、どのような困難であろうともイエスキリストの十字架に問題解決の道があることには変わりありません。

それだからこそ、いっそうイエスキリストの十字架を慕い求め、十字架の下にひれ伏し、十字架を避けどころとし、この方の御死を宣べ伝えていかなければなりません。

エス様は全ての人の魂の拠り所となって下さいます。

 

今は恵みの時、救いの日です。

今は、たとえどんなに大きな罪を犯していたとしても、神様はイエス様にあって私たちを裁くことなく、寛容な心をもって、私たちが罪を悔い改めること、自分の過ちを認めることを待っておられます。

今は、まだ、さばきの日ではなく、救いの日、恵みの時だからです。

そして、素直にイエス様に罪の赦しを求めるすべての者の罪を赦し、

やがて来る神の本当の裁きから、私たちを救って下さいます。

 

主よ、どうか罪深い私たちを憐れんでください。

 

 

あなたがたのところに行って、顔を合わせて語りたいと思います。私たちの喜びが全きものとなるためです。Ⅱヨハネ12

あなたがたに書くべきことがたくさんありますが、紙と墨でしたくはありません。Ⅱヨハネ12

ヨハネも長老となり指導的な役割を持つようになっていました。各地に主の教会も多数あったこととでしょう。ヨハネは各地の教会を心に留め、異教の教えが入り込むことに危惧し、手紙を書いていました。

しかし、この手紙の12節では、ただ手紙で伝えるだけでなく、ヨハネ自身が集会に交わり、集会の兄弟姉妹と顔と顔を合わせて語り合いたいと言っています。

彼はその理由を私たちの喜びが全きものとなるためと説明しています。

ここには、信徒同士が一緒に交わることの大切さを教えています。

信徒同士が交わりを持つことで、お互いの賜物やキリストの香りが交わりあい、

より豊かに信仰が養われていくのです。

 ここには、今のコロナ禍でのクリスチャン同士の交わりに示唆を与えます。

リモートやインターネットにより、交わりを持つことも有意義ですが、

いっしょに集い、直接、御言葉を聞くことはそれに優る喜びが全うされるのです。

手紙や文書伝道の必要性はまた別にあります。両方を用いることが有用であることでしょう。

しかし、一緒に集まることをやめたりしないで、一緒に集まることを続けることを通して、霊の喜びを全うさせ、信仰の火を弱らせず、信仰の火を熱くしていくことを考えていかなくてはなりません。

こうしてペテロは牢に閉じ込められていた。教会は、彼のために、神に熱心に祈り続けていた。使徒12章5節

弟子たちは、危機に見舞われるときほど、一緒に集まり励まし合いました。

 

弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて戸が閉めてあったが、イエスが来られ、彼らの中に立って言われた。「平安があなたがたにあるように」ヨハネ20章19節

クリスチャンは孤立してはいけません。クリスチャンが共に集まるとき、イエス様も共におられ、平安を与えて下さいます.